アトレティコ 2021夏移籍情報

今回は、アトレティコ・マドリードの移籍情報です!

見事7季ぶりにラ・リーガを制したアトレティコ。来季はリーガ2連覇だけでなくCL制覇も狙えるチームを目指したいところ。

コロナによる収入減やサラリーキャップの問題もあるので大型補強は難しいが、余剰戦力を売却しつつ着実な補強を遂行できるか注目です。

アトレティコ2021夏の移籍情報 一覧

現時点で決定している移籍情報を一覧にまとめました。
また、注目選手の詳しい移籍情報については次の項目にまとめてあります。

新加入選手

アトレティコ 新加入【21夏】
選手POS移籍情報
マテウス・クーニャFWヘルタ
マルコス・パウロFWフルミネンセ(フリー)
ロドリゴ・デ・パウルMFウディネーゼ
期限付き移籍
アントワーヌ・グリーズマンFWバルセロナ
バンジャマン・ルコントGKモナコ

退団選手

アトレティコ 退団【21夏】
選手POS移籍情報
ニコラス・イバニェスFWパチューカ
フランシスコ・モンテーロCBベシクタシュ
アクセル・ウェルネルGK契約満了
期限付き移籍
アルバロ・モラタFWユベントス※1年延長
ビトーロFWヘタフェ
マルコス・パウロFWファマリカン
ビクトル・モジェホFWテネリフェ
サウール・ニゲスMFチェルシー
サンティアゴ・アリアスRSBグラナダ
マヌ・サンチェスLSBオサスナ
ネウエン・ペレスCBウディネーゼ
イヴォ・グルビッチGKリール
ルーカス・トレイラムサ・デンベレはローン期間が終了したため、元のクラブに帰還。

アトレティコ2021夏の注目情報

アトレティコに関する今夏の注目ポイントを時系列順にまとめました。

5/23 スアレスが残留を明言

スアレスが希望すれば違約金無しで退団できる条項が設定されていたため退団の噂もいくつか挙がっていたが、地元紙のインタビューで来夏もアトレティコでプレイすると明言。

6/15 モラタのユベントスへのローン契約が1年延長

昨夏からユベントスへ期限付き移籍していたモラタのローン契約が1年延長(手数料は1000万ユーロ)となった。また、ユベントスは2021-22シーズン終了後にモラタを3500万ユーロで買取できるオプションも有している。

6/30 ビトーロがヘタフェへローン移籍

ここ数年は売却候補として度々名前が挙がっていたビトーロヘタフェへ1年のローン移籍。また、アトレティコとビトーロは来夏で契約終了となっていったが、移籍と同時に2年の契約延長も発表された。

7/12 デ・パウルをウディネーゼから獲得

ウディネーゼから3500万ユーロロドリゴ・デ・パウルを獲得。昨季はセリエA最高のMFと評価されるほどのパフォーマンスを見せていた実力者の獲得に成功した。

8/25 クーニャをヘルタから獲得

ヘルタ・ベルリンから約3000万ユーロマテウス・クーニャを獲得。今夏の最優先課題であったスアレスのバックアップを無事確保できた。

8/31 サウールがチェルシーへローン移籍

今夏の去就が注目されていたサウール・ニゲスがデッドラインデイにチェルシーへの移籍が決定。今回の移籍は買取オプション付きのローン移籍となっている。

8/31 グリーズマンが電撃復帰

サウールと入れ替わるような形でバルセロナからアントワーヌ・グリーズマンの復帰が決定。今回の移籍は1年のローン+1年の期間延長オプション付きとなっており、2年後には4000万ユーロでの買取義務が付いている。(ただし、出場試合数次第では買取義務が発生しない可能性もあるとの報道がある。)

アトレティコ 退団が噂されている選手

退団が噂されている選手をまとめました。

放出候補のリスト

アトレティコ 放出候補
選手POS
ジョアン・フェリックスFW
エクトル・エレーラMF
キーラン・トリッピアーRSB
シメ・ヴルサリコRSB
レナン・ロディLSB
ヤン・オブラクGK

生え抜き・サウールとお別れ?

長年中心選手としてチームに貢献してきたが、昨季はポジション争いに後れを取りスタメンを外れる試合も多かった。その影響かユーロ2020スペイン代表からも漏れてしまったため、新たな環境への移籍を希望と言われている。

アトレティコ側も4000万ユーロぐらいの額をならば交渉に応じるとの情報も出ている。また、移籍先としてリバプールやバイエルンなどが挙がっているが、今のところ具体的な話はまだない。

※追記
デッドラインデイにチェルシーへのローン移籍が決定。

右SBは総入れ替え?

まずは主力のトリッピアーから。賭博規定違反で出場停止を受けた際クラブとの関係が悪化したこともあり、母国帰国を希望と言われている。そうした流れからかマンチェスター・Uからのオファーもあったようだが、安価な額では応じないとアトレティコ側は却下。トリッピアー側から昇給を要求されているとの報道もあり、どこまで本気で退団を望んでいるのかはまだ不明。ただ、シメオネからの評価がかなり高いので、チーム的にはあまり放出したくない選手となっている。

また、同じく右SBであるヴルサリコアリアスも売却候補。ヴルサリコは故障の多さが懸念されており、昨季レバークーゼンにローン移籍していたアリアスは来季も構想外の可能性が高い。

その他の放出候補について

フェリックス
シーズン終盤はスタメンを外れる試合も目立ち、チームの期待に応えられず。多くのビッグチームが興味を持っており、グリーズマンとのトレード話も噂されていたが、流石にまだ放出の意思はない様子。

エレーラ
退団の可能性が取り沙汰されており、ポルトへの復帰説も噂されている。

ロディ
個人的に可能性は低いと思うが、売却候補になっているらしい。サウールやトリッピアーほど情報は出てきていないのでまだ噂の段階だが、今後の動向には少し注視が必要か。

オブラク
残留濃厚だが100%の安心は出来ない。1億2000万ユーロの高額な契約解除金が設定されており、今夏支払いに動くクラブが無いとは言い切れない。

アトレティコ 補強ポイント&補強候補

補強ポイントの優先順位はストライカー>中盤>サイドハーフか。

前線の強化

CFの補強リスト
選手所属
ラウタロ・マルティネスインテル
ドゥシャン・ヴラホヴィッチフィオレンティーナ
アレクサンドル・ラカゼットアーセナル
マキシ・ゴメスバレンシア
ムサ・デンベレリヨン
ラファ・ミルウルブス

昨季大活躍だったスアレスの残留が早々に決まったとはいえ、彼ももう34歳。いつまでもスアレス頼みではいけないので、後釜の確保は急を要する補強ポイント。

シメオネの本命は今回もラウタロだと思うが、高額な移籍金を考えるとやはり現実的ではない。

次点の候補ではモレノヴラホヴィッチの名前が挙がっている。ただ、彼らも多くのクラブから興味を集めており、市場価値以上の移籍金が必要となる。高騰してしまうとやはり手が届かなくなるので、彼らの獲得の可能性もあまり高くないだろう。

また、度々噂に上がっているグリーズマンの獲得話も気になるところ。

※追記
8/25にマテウス・クーニャを獲得。
さらにデッドラインデイにアントワーヌ・グリーズマンをローン獲得。

中盤の強化

MFの補強リスト
選手所属
ベルナルド・シウバマンチェスター・C
ファビアン・ルイスナポリ
フセム・アワールリヨン
パブロ・サラビアPSG
ハメス・ロドリゲスエバートン
ナビ・ケイタリバプール
ジェシー・リンガードマンチェスター・U
マウロ・アランバリヘタフェ
ヤンヘル・エレーラマンチェスター・C
ゴンサロ・ビジャールローマ

デ・パウルの獲得がすでに決定しているが、サウールやエレーラに退団の可能性があることから更にもう1人中盤を補強するかもしれない。そうなった場合の候補はあまりコストを費やせないと思うので、名前が挙がっている中ではビジャール辺りとなりそう。

サイドの強化

※太線より上が右、下が左を主戦場としている選手です。

サイドバックの補強リスト
選手所属
エクトル・ベジェリンアーセナル
ノルディ・ムキエレライプツィヒ
マックス・アーロンズノリッジ
ゼキ・チェリクリール
エルセイド・ヒサイナポリ
マティアス・ギンターボルシアMG
ホセ・ルイス・ガヤバレンシア
マルク・ククレジャヘタフェ
マルコス・アロンソチェルシー
レイヴァン・クルザワPSG

右サイド
トリッピアーの去就に関わらず、出来れば補強したいポジション。

特にシメオネが評価しているのはベジェリンのようだが、複数クラブが興味を示しており争奪戦となりそう。左もでき価格も安いヒサイにターゲットを変える可能性もあるだろう。

左サイド
ロディを売却しない限り補強はそれほど必要なポジションでは無いと思うが、オプションを増やせる人材としてククレジャに興味を持っているとのこと。

タイトルとURLをコピーしました